違い

「glad」と「joyful」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「glad」「joyful」の意味と使い方の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「glad」の意味と使い方

「glad」は、「喜んでいる」「うれしい」という意味がある形容詞です。特定の出来事や状況に対する、喜びや幸せを表します。

「glad」を使った例文をみてみましょう。

  • I’m glad to hear the good news.
    良いニュースを聞けてうれしい。
  • I am glad to hear that you passed the exam.
    君が試験に合格したと聞いてうれしい。
  • She was glad to see her old friends again.
    彼女は昔の友達にまた会えて喜んでいた。
  • She was glad to receive a gift from her friend.
    彼女は友人からの贈り物をもらってうれしかったです。
スポンサーリンク

「joyful」の意味と使い方

「joyful」は、「うれしい」「楽しい」という意味がある形容詞です。強い喜びや幸福感を表現するときに使われます。

「joyful」を使った例文をみてみましょう。

  • The joyful laughter of children echoed in the playground.
    子供たちの楽しい笑い声が遊び場に響いていました。
  • Her face lit up with joyful surprise when she opened the gift.
    彼女はプレゼントを開けたときに喜びに満ちた驚きの表情を見せた。
  • The choir’s joyful singing uplifted the spirits of the audience.
    合唱団の楽しい歌声が聴衆の気持ちを高揚させた。
  • They had a joyful celebration to mark their wedding anniversary.
    結婚記念日を祝って楽しいお祝いをした。

「glad」と「joyful」の違い

「glad」「joyful」の違いについてみていきましょう。

「glad」は、「喜んでいる」という意味があります。より具体的な、特定の出来事に対する喜びを表します。一時的な喜びを表す傾向があります。

一方、「joyful」は、「うれしい」という意味があります。強い喜びや幸福感を表現するときに使われます。高揚感や感謝の気持ちを表す際にもよく使われます。

まとめ

今回は「glad」「joyful」の意味と使い方の違いについて解説しました。「glad」は具体的な特定の事柄に対する喜びを表すのに対し、「joyful」はより強い喜びを表すという違いがあります。どちらも似ている意味の単語なので、注意して使い分けましょう。