違い

「brake」と「break」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

「brake」「break」の意味と使い方の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「brake」の意味と使い方

「brake」は、「ブレーキ」「ブレーキをかける」という意味で、名詞または動詞として使われます。車や自転車などの速度を減らす装置や、その操作を表します。

「brake」を使った例文をみてみましょう。

  • I stepped on the brake to slow down the car.
    私は車の速度を落とすためにブレーキを踏んだ。
  • The car’s brakes failed, and it crashed into a tree.
    車のブレーキが故障して木に衝突しました。
  • The driver applied the brakes suddenly to avoid a collision.
    運転手は衝突を避けるために急にブレーキをかけた。
  • Don’t forget to release the handbrake before driving.
    運転する前にハンドブレーキを解除するのを忘れないでください。
スポンサーリンク

「break」の意味と使い方

「break」は、「休憩」「中断」「壊す」という意味で、名詞または動詞として使われます。名詞としては、仕事や活動を中断して休息を取ることを表します。動詞としては、物を壊すこと以外にも、切断する、折る、違反するなどを意味します。

「break」を使った例文をみてみましょう。

  • Let’s take a break and have some coffee.
    ちょっと休憩してコーヒーを飲みましょう。
  • She accidentally broke her favorite mug.
    彼女はうっかりとお気に入りのマグカップを割ってしまった。
  • The storm broke a branch off the tree.
    嵐で木の枝が折れてしまった。
  • Please don’t break the rules of the game.
    ゲームのルールを破らないでください。

「brake」と「break」の違い

「brake」「break」の違いについてみていきましょう。

「brake」は、「ブレーキ」「ブレーキをかける」という意味で、車や自転車などの速度を減らす装置や操作を表します。

一方、「break」は、「休憩」「中断」「壊す」という意味で、仕事や活動を中断して休憩することや、物を壊したり割ったりすることを表します。

「brake」と「break」は、発音がどちらも同じで、カタカナで書くと「ブレイク」になります。このように、意味とスペルが違うのに、同じ発音に聞こえる単語は、同音異義語(homophones)と呼ばれています。とくに、リスニングのときには、文脈を意識して使い分けてください。

まとめ

今回は「brake」「break」の意味と使い方の違いについて解説しました。「brake」は、ブレーキやブレーキをかけることを意味しますが、「break」は、休憩や壊すなどの意味があります。どちらも発音が同じですが、意味とスペルは異なるため、注意して使い分けてください。