違い

「display」と「exhibit」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「display」「exhibit」の意味と使い方の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「display」の意味と使い方

「display」は、「展示する」「表示する」という意味があります。主に動詞として使われ、名詞では「展示」「表示」「ディスプレー」という意味になります。

「display」を使った例文をみてみましょう。

  • The conference room displays charts and graphs.
    会議室ではグラフや図が表示されています。
  • The museum displays fossils and dinosaur bones.
    博物館では化石や恐竜の骨が展示されています。
  • The festival displays traditional crafts and handmade goods.
    その祭りでは伝統的な工芸品と手作りの商品が展示されます。
スポンサーリンク

「exhibit」の意味と使い方

「exhibit」は、「展示する」という意味があります。主に動詞として使われ、名詞では「展示品」「展示会」という意味になります。

「exhibit」を使った例文をみてみましょう。

  • The museum exhibits dinosaur fossils.
    その博物館では恐竜の化石を展示しています。
  • They exhibited photographs of beautiful landscapes.
    彼らは美しい風景の写真を展示しました。
  • The art gallery will exhibit the paintings of famous artists.
    美術館は有名な画家たちの絵画を展示します。

「display」と「exhibit」の違い

「display」「exhibit」の違いについてみていきましょう。

「display」も「exhibit」もどちらも「展示する」という意味を持ちますが、使い方に違いがあります。

「display」は、何かを目立つように見せるというニュアンスがある単語です。より一般的な展示を指す際に使われることが多く、ショップのウィンドウ、博物館の展示、パソコンのディスプレーなど、さまざまな見せることを表します。

一方、「exhibit」は、より特定的な展示を指す際に使われることが一般的です。例えば、美術館や博物館のような公的な展示を指します。

ただ、文脈によっては同じように使われることがある点に留意が必要です。

まとめ

今回は「display」「exhibit」の意味と使い方の違いについてわかりやすく解説しました。どちらも「展示する」という意味を持ちますが、「display」は一般的な展示や表示を、一方「exhibit」は特定的で公的な展示を強調する際に使われます。ただ、文脈によっては同じように使われることがある点に留意が必要です。