違い

「bad」と「awful」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「bad」「awful」の意味と使い方の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「bad」の意味と使い方

「bad」は、「悪い」「良くない」「下手な」などの意味があります。否定を表現する最も一般的な単語です。主に形容詞として使われます。

「bad」を使った例文をみてみましょう。

  • The weather is bad today, so let’s stay indoors.
    今日は天気が悪いので、室内にいよう。
  • I had a bad headache after staying up all night.
    徹夜した後、頭痛がひどかった。
  • This movie got bad reviews from the critics.
    この映画は批評家から悪い評価を受けた。
  • He had a bad day at work and was in a bad mood.
    彼は仕事でつらい日を過ごし、機嫌が悪かった。
スポンサーリンク

「awful」の意味と使い方

「awful」は「ひどい」「恐ろしい」「ひどく嫌な」という意味があります。より強い否定的な感情を表します。主に形容詞として使われます。

「awful」を使った例文をみてみましょう。

  • The weather was awful, with heavy rain and strong winds.
    天気がひどく、大雨と強風でした。
  • The traffic was awful this morning;.
    今朝の交通はひどかった。
  • That movie was awful.
    あの映画は最悪だった。
  • She had an awful cold and couldn’t go to work.
    彼女はひどい風邪で仕事に行けなかった

「bad」と「awful」の違い

「bad」「awful」の違いについてみていきましょう。

「bad」は、「悪い」という意味があります。否定を表現する最も一般的な単語です。

一方、「awful」は、「ひどい」「恐ろしい」という意味があります。「awful」は「bad」よりも強い否定的な感情を表します。

基本的に「awful」の方が強い嫌悪感を表しますが、どちらも代替可能な表現で、文脈によっては同じように使われることもあります。

まとめ

今回は「bad」「awful」の意味と使い方の違いについてわかりやすく解説しました。「bad」は否定的な意味を表す最も一般的な表現ですが、「awful」は比較的に強い否定を表します。とはいえ、両者はしばしば交換可能で、文脈によっては同じように使用されることに留意が必要です。