違い

「affect」と「influence」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「affect」「influence」の意味と使い方の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「affect」の意味と使い方

「affect」は、「影響を与える」「作用する」という意味があります。例えば、人々の感情や気分、物事の変化に影響を与えることを指します。主に動詞として使われます。

「affect」を使った例文をみてみましょう。

  • The weather can affect people’s moods.
    天気は人々の気分に影響を及ぼすことがあります。
  • The good news affected her mood positively.
    良いニュースが彼女の気分に良い影響を与えました。
  • His smile affected everyone around him, making them happy.
    彼の笑顔は周囲の人々に影響を及ぼし、彼らを幸せにしました。
  • The economic crisis affected the company’s sales and profits significantly.
    経済危機はその会社の売上と利益に大きな影響を及ぼしました。
スポンサーリンク

「influence」の意味と使い方

「influence」は、「影響を与える」「感化する」という意味があります。例えば、人の行動や意思決定、物事の発展に影響を与えることを指します。より広範囲で使われ、動詞と名詞で使われます。

「influence」を使った例文をみてみましょう。

  • Technology has a significant influence on people’s daily lives.
    テクノロジーは人々の日常生活に大きな影響を与えます。
  • Her speech influenced the audience’s opinion on the topic.
    彼女のスピーチは聴衆の意見に影響を与えました。
  • Her teacher’s encouragement influenced her to work harder.
    先生の励ましが彼女の頑張りに影響を与えました。
  • Her artwork has had a significant influence on contemporary artists.
    彼女の作品は現代のアーティストに大きな影響を与えています。

「affect」と「influence」の違い

「affect」「influence」の違いについてみていきましょう。

「affect」は、主に人々の感情や気分、物事の変化に影響を与えることを意味します。主に動詞として使われます。

一方、「influence」は、人々や物事の行動や意思決定に影響を及ぼすことを意味します。こちらは動詞や名詞として、より広範囲で使われます。

まとめ

今回は「affect」「influence」の意味と使い方の違いについてわかりやすく解説しました。「affect」は人の感情や物事の変化に影響を与える動詞として使われますが、「influence」は人々の行動や意思決定に影響を及ぼす動詞と名詞として使われる、という違いがあります。