違い

「advice」と「advise」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「advice」「advise」の意味と使い方の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「advice」の意味と使い方

「advice」は、「助言」「忠告」という意味がある名詞です。名詞なので、主語や目的語として使われます。

「advice」を使った例文をみてみましょう。

  • Thank you for your advice.
    あなたの助言に感謝します。
  • I need some advice on how to study effectively.
    効果的に勉強する方法についてのアドバイスが必要です。
  • I need some advice on how to improve my English skills.
    英語のスキルを向上させる方法について、アドバイスが必要です。
  • She gave me valuable advice about my career path.
    彼女は私のキャリアの進路について貴重な忠告をくれました。
スポンサーリンク

「advise」の意味と使い方

「advise」は、「助言する」「忠告する」という意味がある動詞です。動詞なので、基本的に主語の後に使われます。

「advise」を使った例文をみてみましょう。

  • I advise you to go to bed early tonight.
    今夜は早く寝ることをお勧めします。
  • She advised me to take a break and relax.
    彼女は私に休憩を取ってリラックスするようアドバイスしました。
  • The doctor advised him to quit smoking for better health.
    医者は健康のために禁煙するよう彼に忠告しました。
  • He always advises his students to never give up on their dreams.
    彼はいつも学生に夢を諦めないようアドバイスしています。

「advice」と「advise」の違い

「advice」「advise」の違いについてみていきましょう。

「advice」は、「助言」「忠告」を意味する名詞です。名詞なので、主語や目的語として使われます。発音は「アドバイス」です。

一方、「advise」は、「助言する」「忠告する」を意味する動詞です。動詞なので、基本的に主語の後に使われます。発音は「アドバイズ」です。

まとめ

今回は「advice」「advise」の意味と使い方の違いについて解説しました。大きな違いは、「advice」は名詞で、「advise」は動詞である点です。品詞だけでなく発音も微妙に異なるので、注意して使い分けるようにしましょう。