違い

「raise」と「rise」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「raise」「rise」の意味と使い方の違いについてわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「raise」の意味と使い方

「raise」は、「上げる」「高める」「増える」という意味があります。「raise」は他動詞で、目的語を必要とします。物をより高い位置に移動させることや、数量や程度を増加させることを意味します。

「raise」を使った例文をみてみましょう。

  • Please raise your hand if you have a question.
    質問があれば手を挙げてください。
  • The company plans to raise the salaries of its employees next year.
    その会社は来年、従業員の給与を引き上げる予定です。
  • The company plans to raise the prices of its products next month.
    その会社は来月、製品の価格を上げる予定です。
  • The manager plans to raise the issue of employee safety in the upcoming meeting.
    マネージャーは次回の会議で従業員の安全問題を取り上げる予定です。
スポンサーリンク

「rise」の意味と使い方

「rise」は、「上がる」「昇る」「増加する」という意味があります。「rise」は自動詞で、目的語を必要としません。何かが自然に上昇することや、数量が増えることを表します。また、名詞として「上昇」「増加」という意味もあります。

「rise」を使った例文をみてみましょう。

  • The sun rises in the east and sets in the west.
    太陽は東から昇り、西に沈みます。
  • The hot air balloon slowly rose into the sky.
    熱気球がゆっくりと空に上がりました。
  • Prices of goods tend to rise during the holiday season.
    商品の価格は休日シーズンに上昇する傾向があります。
  • After heavy rain, the river may rise and cause flooding.
    大雨の後、川が増水して洪水を引き起こすことがあります。

「raise」と「rise」の違い

「raise」「rise」の違いについてみていきましょう。

「raise」は、他動詞で、目的語を必要とします。物を持ち上げたり、数量を上げたりする場合に使います。

一方、「rise」は、自動詞で、目的語が必要ありません。何かが自然に上昇したり、位置や数量が増えたりする場合に使います。また、名詞としても使われます。

まとめ

今回は「raise」「rise」の意味と使い方の違いについてわかりやすく解説しました。「raise」は他動詞で目的語を必要とする一方で、「rise」は自動詞で目的語を必要とせず、名詞としても使われます。使い方に迷ったら、目的語があるかないかを確認すると良いでしょう。