違い

「stationary」と「stationery」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「stationary」「stationery」の意味と使い方の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「stationary」の意味と使い方

「stationary」は、「動かない」「静止している」という意味があります。品詞は形容詞です。

「stationary」を使った例文をみてみましょう。

  • The car was stationary at the traffic light.
    その車は交差点で停止していました。
  • She stood stationary, waiting for the bus to arrive.
    彼女は静止して、バスが到着するのを待っていました。
  • The picture on the wall remains stationary.
    壁の絵は動かずにそのままです。
スポンサーリンク

「stationery」の意味と使い方

「stationery」は、「文房具」という意味があります。品詞は名詞です。物を書くのに必要な道具類を表します。

「stationery」を使った例文をみてみましょう。

  • I bought some new stationery for my office.
    オフィス用に新しい文房具を買いました。
  • She loves collecting cute stationery items.
    彼女は可愛い文房具を集めるのが好きです。
  • The stationery store offers a wide variety of pens, papers, and notebooks.
    その文房具店はさまざまなペン、紙、ノートを提供しています。

「stationary」と「stationery」の違い

「stationary」「stationery」の違いについてみていきましょう。

「stationary」は、「動かない」「静止している」を意味する形容詞です。

一方、「stationery」は、「文房具」を意味する名詞です。

「stationary(静止した)」と「stationery(文房具)」の覚え方のコツは、「paper(紙)」を使う方法がおすすめです。stationery(文房具)と、文房具の1つであるpaper(紙)には、どちらも「er」が使われているからです。「stationary」と「stationery」のスペルで迷ったら、まずはpaper(紙)を思い出して、paperは「er」だから、文房具は「er」が使われているほうだ、というように考えてください。もちろん、paperのスペルは事前にしっかりと覚えてください。このコツを使うと、「stationary」と「stationery」の違いで間違えることがなくなります。

まとめ

今回は「stationary」「stationery」の意味と使い方の違いについて解説しました。「stationary」は「動かない」を意味する形容詞、「stationery」は「文房具」を意味する名詞です。スペルの違いに困ったら「paper(紙)」がどちらに分類されるのかを思い出してください。