違い

「sadness」と「unhappines」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「sadness」「unhappiness」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「sadness」の意味と使い方

「sadness」は、「悲しみ」という意味があります。一時的な悲しい気持ちを表すことが多いです。品詞は名詞です。

「sadness」を使った例文をみてみましょう。

  • He tried to overcome his sadness by talking to a friend.
    彼は友人と話すことで悲しみを克服しようとしました。
  • The movie’s ending left me with a deep sense of sadness.
    その映画の結末は私に深い悲しみを残しました。
  • His eyes were filled with sadness when he heard the bad news.
    彼の目はその悪い知らせを聞いて悲しみで満たされていました。
  • The news of the accident brought immense sadness to the community.
    事故のニュースは地域に大きな悲しみをもたらしました。
スポンサーリンク

「unhappiness」の意味と使い方

「unhappiness」は、「不幸」「不運」という意味があります。長期的な幸福感の欠如や不幸な状態を表すことが多いです。品詞は名詞です。

「unhappiness」を使った例文をみてみましょう。

  • She tried various hobbies to alleviate her feelings of unhappiness.
    彼女は様々な趣味を試し、不幸感を和らげようとしました。
  • The unhappiness in the family was evident from their constant arguments.
    家族の不幸感は、絶え間ない口論から明らかでした。
  • Economic hardships often contribute to a general sense of unhappiness in society.
    経済的困難は、しばしば社会全体の不幸感を助長します。
  • Her constant unhappiness with her job made her consider a career change.
    彼女は仕事に対する絶え間ない不幸感から、転職を考えるようになりました。

「sadness」と「unhappiness」の違い

「sadness」「unhappiness」の違いについてみていきましょう。

「sadness」は、「悲しみ」という意味があり、悲しい気持ちや感情を表します。一時的な傾向があります。

一方、「unhappiness」は、「不幸」という意味があり、幸福感の欠如や不幸な状態を表します。より継続的で、長期間にわたる傾向があります

まとめ

今回は「sadness」「unhappiness」の意味と使い方の違いについてわかりやすく解説しました。「sadness」は一時的な悲しみを、「unhappiness」は長期的な幸福感の欠如を表す傾向があることを覚えておきましょう。