違い

「awful」と「terrible」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「awful」「terrible」の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「awful」の意味と使い方

「awful」は、「ひどい」「恐ろしい」「ひどく不快な」という意味があります。品詞は形容詞です。語源はawe(畏怖)に由来し、特に嫌悪感や不愉快さを表します。

「awful」を使った例文をみてみましょう。

  • The food at that restaurant was awful.
    あのレストランの料理はひどかった。
  • The movie was so awful that I left the theater before it ended.
    その映画はとてもひどかったので、終わる前に劇場を出ました。
  • She felt awful after hearing the bad news.
    彼女は悪いニュースを聞いてひどくつらかった。
スポンサーリンク

「terrible」の意味と使い方

「terrible」は、「恐ろしい」「ひどい」「非常に悪い」という意味があります。品詞は形容詞です。語源はterror(恐怖、テロ)に由来し、もともと「恐怖」を表す言葉でしたが、現在では「ひどい」という広い意味で使われています。

「terrible」を使った例文をみてみましょう。

  • The weather was terrible, with heavy rain and strong winds.
    天気はひどく、大雨と強風でした。
  • I had a terrible headache, so I couldn’t focus on my work.
    ひどい頭痛で仕事に集中できませんでした。
  • He made a terrible mistake in the exam and failed.
    彼は試験でひどい間違いをしてしまい、不合格になった。

「awful」と「terrible」の違い

「awful」「terrible」の違いについてみていきましょう。

「awful」と「terrible」は、どちらも「ひどい」「恐ろしい」という意味がある形容詞で、基本的にほとんど同じ意味で使われます。

語源をたどってみると、「awful」は「畏怖」「嫌悪感」、「terrible」は「恐怖」という意味を強調していた時代もありましたが、現在ではどちらもほとんど同じ意味で使われることが一般的です。

まとめ

今回は「awful」「terrible」の意味と使い方の違いについてわかりやすく解説しました。どちらも「ひどい」「恐ろしい」という意味がある形容詞です。もともとの意味や語源はそれぞれ異なりますが、現在ではどちらもほぼ同じ意味で使われるようになっています。