違い

「small」と「tiny」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「small」「tiny」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「small」の意味と使い方

「small」は、「小さい」という意味があります。サイズや量が小さいことを表します。品詞は形容詞です。

「small」を使った例文をみてみましょう。

  • The cat is small and cute.
    その猫は小さくてかわいいです。
  • There is a small cafe at the corner of the street.
    通りの角に小さなカフェがあります。
  • This town has a small population.
    この町の人口は少ないです。
  • He noticed a small mistake in the report and corrected it immediately.
    彼は報告書に小さな間違いを見つけて、すぐに訂正しました。
スポンサーリンク

「tiny」の意味と使い方

「tiny」は「とても小さい」「ちっちゃな」という意味があります。極めて小さいことを強調する場合に使われます。比較的にカジュアルで口語的な表現です。品詞は形容詞です。

「tiny」を使った例文をみてみましょう。

  • He held a tiny kitten in his arms.
    彼はちっちゃな子猫を腕に抱えていました。
  • She found a tiny flower blooming in the garden.
    彼女は庭に咲く小さな花を見つけました。
  • With a tiny voice, she whispered her secret.
    小さな声で、彼女は秘密をささやきました。
  • The chef used a tiny amount of spice to enhance the flavor of the dish.
    シェフは料理の味を引き立たせるために少量のスパイスを使用しました。

「small」と「tiny」の違い

「small」「tiny」の違いについてみていきましょう。

「small」は、サイズや量などが一般的に小さいことを表します。

一方、「tiny」は、「非常に小さい」「ちっぽけな」という意味合いが強く、物事が極めて小さいことを強調します。「small」と比べるとカジュアルな表現です。

まとめ

今回は「small」「tiny」の意味や使い方の違いについてわかりやすく解説しました。「small」は一般的な小ささを表す一方で、「tiny」は非常に小さい状態を強調するカジュアルな単語です。