違い

「show」と「display」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「show」「display」の意味と使い方の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「show」の意味と使い方

「show」は、「見せる」という意味があります。主に動詞として使われ、日常的なあらゆる見せることを指します。名詞では「見せること」「興行」「舞台」「ショー」などの意味になります。

「show」を使った例文をみてみましょう。

  • Show me your new phone.
    新しい携帯を見せてください。
  • The teacher showed a video during the lesson.
    先生は授業中にビデオを見せました。
  • The magician will show some amazing tricks tonight.
    そのマジシャンは今夜、素晴らしいトリックを披露します。
スポンサーリンク

「display」の意味と使い方

「display」は、「展示する」「表示する」という意味があります。主に動詞として使われ、名詞では「展示」「表示」「ディスプレー」という意味になります。

「display」を使った例文をみてみましょう。

  • The museum will display ancient artifacts next month.
    その博物館は来月、古代の遺物を展示します。
  • The store displays new shoes on the shelves.
    その店舗は新しい靴を棚に展示しています。
  • She displayed her trophies proudly.
    彼女は誇らしげにトロフィーを展示しました。

「show」と「display」の違い

「show」「display」の違いについてみていきましょう。

「show」は「見せる」という意味があります。日常的な場面で使われ、一般的であらゆる種類の見せる行為を表すことができます。

一方、「display」は、「目立つように見せる」というニュアンスがあります。ショップのウィンドウ、パソコンのディスプレー、博物館の展示など、さまざまな展示や表示をする際に使われます。

まとめ

今回は「show」「display」の意味と使い方の違いについてわかりやすく解説しました。「show」は一般的で日常的な見せる行為全般を指すのに対して、「display」はショップのウィンドウや美術館の展示など、目立つように見せる際に使われることが一般的です。