違い

「show」と「exhibit」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「show」「exhibit」の意味と使い方の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「show」の意味と使い方

「show」は、「見せる」という意味があります。主に動詞として使われ、日常的なあらゆる見せることを指します。名詞では「見せること」「興行」「舞台」「ショー」などの意味になります。

「show」を使った例文をみてみましょう。

  • He showed me his stamp collection.
    彼は私に切手コレクションを見せてくれた。
  • Please show your ID at the entrance.
    入口でIDを見せてください。
  • He showed me how to solve the math problem.
    彼はその数学の問題をどう解くか私に示してくれました。
  • She shows her new dress at the fashion show.
    彼女はファッションショーで新しいドレスを披露します。
スポンサーリンク

「exhibit」の意味と使い方

「exhibit」は、「展示する」という意味があります。主に動詞として使われ、名詞では「展示品」「展示会」という意味になります。

「exhibit」を使った例文をみてみましょう。

  • The event exhibits handmade crafts.
    そのイベントでは手作りの工芸品を展示しています。
  • The museum exhibits ancient pottery.
    その博物館では古代の陶器が展示されています。
  • She will exhibit her paintings at the art gallery.
    彼女は美術館で自分の絵画を展示します。

「show」と「exhibit」の違い

「show」「exhibit」の違いについてみていきましょう。

「show」は、「見せる」という意味があります。より一般的で日常的な見せる行為を表し、さまざまな日常的な場面で広く使われます。

一方、「exhibit」は、「展示する」という意味があります。公的な場所での展示を強調し、美術館や博物館などで展示をする際に使われることが一般的です。

まとめ

今回は「show」「exhibit」の意味と使い方の違いについてわかりやすく解説しました。「show」は一般的な見せる行為を指すのに対して、「exhibit」は公的な場所での展示を強調し、美術館や博物館などでの展示をする際に使われるます。