違い

「hear」と「listen」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「hear」「listen」の意味と使い方の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「hear」の意味と使い方

「hear」は、「聞こえる」という意味があります。品詞は動詞です。意識的に何かを聞くのではなく、自然に音が耳に入ることを意味します。

「hear」を使った例文をみてみましょう。

  • I can hear birds singing in the morning.
    朝には鳥のさえずりが聞こえます。
  • Did you hear the news about the concert cancellation?
    コンサート中止のニュースを聞きましたか?
  • We could hear the laughter from the next room.
    隣の部屋から笑い声が聞こえました。
  • Even with the windows closed, I can still hear the traffic outside.
    窓を閉めていても、外の交通の音がまだ聞こえます。
スポンサーリンク

「listen」の意味と使い方

「listen」は、「聴く」という意味があります。品詞は動詞です。意識的に注意を払って聞くことを意味します。積極的に聞いて理解するという意図が含まれています。

「listen」を使った例文をみてみましょう。

  • Please listen to what I have to say.
    私が言いたいことを聞いてください。
  • He always listens to his favorite music while studying.
    彼はいつも好きな音楽を聞きながら勉強します。
  • She likes to listen to podcasts while commuting to work.
    彼女は通勤中にポッドキャストを聞くのが好きです。
  • He closed his eyes and listened to the soothing sound of the rain.
    彼は目を閉じて雨の心地よい音を聴いていました。

「hear」と「listen」の違い

「hear」「listen」の違いについてみていきましょう。

「hear」は、「聞こえる」という意味があり、自然に音が耳に入ることを意味します。意識的かどうかは問わず、受動的な行為を表します。

一方、「listen」は、「聴く」という意味があり、意識的に注意を払って聞くことを意味します。積極的に聞いて理解するという意図が含まれています。

まとめ

今回は「hear」「listen」の意味と使い方の違いについてわかりやすく解説しました。「hear」自然に音が耳に入ることを意味しますが、「listen」は意識的に注意を払って聞くことを意味します。どちらも似たような意味ですが、文脈に応じて適切に使い分けることが大切です。