違い

「big」と「large」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「big」「large」の意味と使い方の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「big」の意味と使い方

「big」は、「大きい」という意味がある形容詞です。主に、サイズや重要性を表す際に使われます。日常会話でよく使われるカジュアルな表現です。

「big」を使った例文をみてみましょう。

  • The house has a big garden.
    その家には大きな庭があります。
  • They have a big family.
    彼らは大家族です。
  • It’s a big problem that we need to solve immediately.
    それは私たちがすぐに解決しなければならない大きな問題です。
スポンサーリンク

「large」の意味と使い方

「large」は、「大きい」「広い」という意味を持つ形容詞です。主に、大きさや広さ、量を表す際に使われます。「big」よりもフォーマルな表現です。

「large」を使った例文をみてみましょう。

  • They have a large garden.
    彼らは広い庭を持っています。
  • The project requires a large amount of resources.
    そのプロジェクトには膨大な資源が必要です。
  • I wear a large T-shirt.
    私は大きめのTシャツを着ている。

「big」と「large」の違い

「big」「large」の違いについてみていきましょう。

「big」は、「大きさ」や「重要性」が大きいことを意味します。例えば、「big house(大きな家)」や「重要な問題(big problem)」などです。比較的にカジュアルな表現で、日常会話でよく使われます。

一方、「large」は、「広さ」や「量」が大きいことを意味します。例えば、「large garden(広い庭)」や「large amount(多額の金額)」などがあげられます。比較的にフォーマルな表現です。

「big」と「large」はどちらも似ている意味を持ちますが、意味と使い方に微妙な違いがあるので注意してください。

まとめ

今回は「big」「large」の意味と使い方の違いについてわかりやすく解説しました。「big」はよりカジュアルな表現で「大きさ」や「重要性」を表す一方で、「large」はよりフォーマルな表現で「広さ」や「量」を表す性質があります。どちらも似ている単語なので、文脈に応じて適切に使い分けることが重要です。