違い

「sad」と「unhappy」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「sad」「unhappy」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「sad」の意味と使い方

「sad」は、「悲しい」という意味があります。品詞は形容詞です。悲しいという気持ちや感情を表しています。例えば、失恋、別れ、喪失など、特定の出来事や状況によって引き起こされることがあります。

「sad」を使った例文をみてみましょう。

  • She looked sad after the breakup.
    別れの後、彼女は悲しそうだった。
  • I felt sad when my pet passed away.
    私はペットが亡くなったとき悲しかった。
  • She felt sad after hearing the bad news.
    彼女はその悪い知らせを聞いて悲しくなりました。
  • The movie has a sad ending, but it’s beautifully portrayed.
    その映画は悲しい結末ですが、美しく描かれています。
スポンサーリンク

「unhappy」の意味と使い方

「unhappy」は、「不幸な」「不満な」という意味があります。品詞は形容詞です。一般的に、幸せや満足感が欠けている心の状態を表します。例えば、失敗や挫折、物事がうまくいかないことなどによって引き起こされる場合があります。

「unhappy」を使った例文をみてみましょう。

  • Despite her success, she still felt unhappy in her heart.
    成功していても、彼女は心の中で不幸を感じていた。
  • He looked unhappy with his test results.
    彼はテストの結果に不満そうに見えました。
  • She has been feeling unhappy with her current job.
    彼女は現在の仕事に不満を抱いています。
  • She seemed unhappy with the gift she received.
    彼女は受け取った贈り物に不満そうでした。

「sad」と「unhappy」の違い

「sad」「unhappy」の違いについてみていきましょう。

「sad」は、「悲しい」という気持ちや感情に焦点を当てています。

一方、「unhappy」は、「不幸な」「不満な」という心の状態に焦点を当てています。

ただ、文脈によってはどちらも同じように使われることもあることもあるので留意が必要です。

まとめ

今回は「sad」「unhappy」の意味と使い方の違いについてわかりやすく解説しました。「sad」は悲しい気持ちを、「unhappy」は不幸な心の状態を表すという違いはあります。ただ、文脈によっては同じように使われることもある点には留意が必要です。