違い

「affect」と「effect」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「affect」「effect」の意味と使い方の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「affect」の意味と使い方

「affect」は、「影響を与える」という意味があります。例えば、何かが他の物事や人の変化に影響を及ぼすことを意味します。主に動詞として使われます。

「affect」を使った例文をみてみましょう。

  • The weather can affect our mood.
    天気は私たちの気分に影響を及ぼすことがあります。
  • Lack of sleep can affect your performance at work.
    睡眠不足は仕事のパフォーマンスに影響を与える可能性があります。
  • Her speech affected the audience deeply, and many were moved to tears.
    彼女のスピーチは聴衆に深い感銘を与え、多くの人が涙を流しました。
スポンサーリンク

「effect」の意味と使い方

「effect」は、「効果」「影響」「結果」という意味があります。例えば、ある行動や出来事によって生じる結果や影響そのものを意味します。こちらは主に名詞として使われます。

「effect」を使った例文をみてみましょう。

  • The new policy had a positive effect on the company’s profits.
    新しい方針は会社の利益に良い影響を与えました。
  • The drug had a powerful pain-relieving effect.
    その薬は強力な鎮痛効果がありました。
  • Exercising regularly can have a significant effect on overall health.
    定期的な運動は全体的な健康に重要な影響を及ぼすことがあります。

「affect」と「effect」の違い

「affect」「effect」の違いについてみていきましょう。

「affect」は、「影響を与える」という意味があり、物事や人に変化や影響を与えることを指します。主に動詞として使われます。

一方、「effect」は、「効果」「影響」「結果」という意味があり、ある行動や出来事によって生じた結果や影響そのものを指します。こちらは主に名詞として使われます。

どちらも本質的な意味は同じですが、「affect」は動詞、「effect」は名詞として使われるという違いがあります。

まとめ

今回は「affect」「effect」の意味と使い方の違いについてわかりやすく解説しました。「affect」は影響を与えるという動詞として使われる一方、「effect」は何かによって生じた結果や影響そのものを表す名詞として使われる、という違いがあることを覚えておきたいですね。