違い

「accept」と「except」の意味や使い方の違いをわかりやすく解説

今回は「accept」「except」の意味と使い方の違いをわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

「accept」の意味と使い方

「accept」は、「受け入れる」という意味があります。例えば、申し出を受け入れる、意見に同意するというように使われます。品詞は動詞です。

「accept」を使った例文をみてみましょう。

  • I accept the job offer.
    私はその仕事のオファーを受け入れます。
  • She accepted my apology.
    彼女は私の謝罪を受け入れました。
  • The school accepts applications from international students.
    その学校は留学生からの申請を受け付けています。
スポンサーリンク

「except」の意味と使い方

「except」は、「~を除いて」「~以外は」という意味があります。主に前置詞として使われますが、動詞として「~を除く」という意味もあります。

「except」を使った例文をみてみましょう。

  • I like all fruits except bananas.
    バナナ以外の全ての果物が好きです。
  • Everyone is here except for Mary.
    メアリー以外はみんなここにいます。
  • All students passed the exam except him.
    彼以外のすべてての生徒が試験に合格しました。

「accept」と「except」の違い

「accept」「except」の違いについてみていきましょう。

「accept」は、「受け入れる」を意味する動詞です。

一方、「except」は、「~を除いて」を意味する前置詞です。また、動詞として「~を除く」という意味もあります。

「accept」と「except」の覚え方として、「except」の「ex」には、「外」という意味があることを覚えておきましょう。例えば、export(輸出する)、exit(出口)、exterior(外の)などの「ex」も同じような意味を持っています。

まとめ

今回は「accept」「except」の意味と使い方の違いについて解説しました。「accept」は「受け入れる」を意味する動詞ですが、「except」は「~を除いて」を意味する前置詞として主に使われます。意味の違いに注意して使い分けましょう。